このガジェットでエラーが発生しました

2011年3月3日木曜日

iGoogle Gadget -4

■ STEP3 - 外部のHTMLファイルを表示してみます。

■ すでに公開しているページなどはこれだけで表示できます。

■ コンテンツタイプをURLに変更するだけです。 他はまったく利用しません。

■ ModulePrefsセクションに scrolling="true" を指定するとスクロールバーを利用できます。

■ サンプルです。




<module>
<moduleprefs height="400" title="外部のHTMLファイルを表示してみます-step3">

<content href="http://www.radio-oh.com/ql/index-l.html" type="url">
//表示したいページのURLと type 属性を指定します。

</content></moduleprefs>
</module>



■ 編集用ページ